出演する側のハードルの低下

不景気のせいで

女性の出演者の急増が目立っております。特に今まで夜の経験がないという人でもいきなり出演まで言ってしまったとい全くの素人で未経験の人がいきなり風俗やキャバクラなどを経験しないでそのまま行くという人もいるのです。

なぜ今この先進国であり世界からも熱い信頼を受けている日本においてこのような事態になっているのでしょうか?一説には10人に1人ぐらいの割合で出演しているとさえいわれているのです。ここまで急増した理由について紹介していきます。

やはり一番大きな理由は金銭的に生活をしていくのが難しいからという理由です。今の時代は不景気です。世界中で不景気であり、もれなく日本も不景気の真っ只中です。これから先も景気が良くなるのか、よくわからないといわれております。そんな中で生活をしていかなくてはいけない中でまず働く人と言ったら男性の方を採用するのが今の時代でもあります。

その理由は女性は結婚をしたり、妊娠をしたりして仕事を離れなくてはいけないからです。男女平等といっても結局会社から離れてしまうのであれば将来的に考えても長期に渡って働いてほしいという思いからズレてしまうものです。今の世の中で育児休暇とかも取りづらいなかで女性よりも男性を優先的に採用するのは仕方がないのかもしれません。

そんな中で女性も働くのが当たり前といわれている中で生きていくというのは大変です。実際に平均年収においても男性よりも大体100万円ぐらいの開きがあるのですからそんな中で女性が生活していくのであれば夜の仕事へと進む以外残っていないのかもしれません。

そして今は女性の多くがあまりにも出演しすぎてしまっている中で自分が出てもバレないから一度や二度ぐらいお小遣い目的で出演してもいいでしょうという軽い気持ちで出演してしまっているのも問題になっております。

金銭的理由と出演者側の意識の低下が出演者数の増加につながっているのです。